綾瀬市のネットニュースにて紹介させました。

帯アートの魅力を体験~お正月飾りに彩りを与えよう~

 11月29日、中央公民館で公民館講座の学びスクール「帯アートの魅力を体験」講座が開催され、綾瀬市民19人が参加しました。
 最初に、講師のアクセントグリーン代表(帯アートプロジェクト)の山本修子さんから「帯アートとは、着物と一体にある帯の機能を引き出し、折り紙のように折って帯が持つ絹の光沢や手触りなどを生かし、タンスの奥に眠っている帯に、新しい息吹を吹き込んで蘇らせることです。帯は、切ったりせずそのまま利用し飾って楽しんだ後は、再び帯として利用します」との話があり、実際に帯を折って、帯アートの作り方を皆さんに説明しました。
 その後、参加者は2人1組になり、持参した帯で山本さんのアドバイスを受けながら帯アート作りを行いました。
 皆さん、お正月飾りに彩りを与える帯アートを堪能している様子でした。参加者からは「和の美しさを改めて知りましたもっともっと他の帯アートも教えていただきたいです」や「古い帯に新しい息を吹き込んだような気がしてとても満足です」などの感想が寄せられました。


リンク先:
https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000032300/hpg000032209.htm